浮気調査と浮気相手の身元調査

浮気調査を探偵に依頼し浮気相手の存在が明らかになります。

しかし、現場で実施される探偵による浮気調査では「この浮気相手が何者なのか?」あきらかになるとは限りません。

浮気相手が職場の同僚などならば話が早いのですが、世間に存在するケースは多種多様であると言え、その限りではないケースも想定しながら浮気調査の進行具合に応じて「浮気相手の情報入手」に努めることが用意周到な浮気調査と言えるでしょう。

全ての情報が探偵に依存した浮気調査ならば「調査に必要となる時間や期間は長期化を覚悟する必要性が高まると言えるでしょう。

しかし、「ご依頼者のお知りになる記憶や情報」を探偵の調査過程で確認しながら調査を実施することでスムーズな浮気調査と浮気相手の身元調査となるのです。

仮に「世帯数が多いオートロックマンションに帰宅する浮気相手」などを想定していただければ理解が早いと思うのですが、現場の調査員が浮気相手と共にマンション内に進入する行為は違法であるため現場では実施不可能な調査となります。

このように現場の調査範囲では判明が困難な「浮気調査中の浮気相手の身元調査」は数多く存在するものなのです。

そして、複数回にわたって「浮気の現場は証拠に収めた」としても肝心な浮気相手の身元調査が思うように進行しない等のケースは頻繁に発生するものなのです。

浮気相手に対して可能な慰謝料請求も浮気相手の身元が判明しなければ実施できない行為と判断できるのです。

浮気調査は浮気相手の身元調査もフォロー

世間に存在する探偵は数多いですが、身元情報の調査(内偵分野の調査力)が得意でない探偵は数多く存在するものです。

浮気調査専門の探偵を掲げている探偵であっても「現場での浮気の証拠を取得する」探偵として利益のあがる調査は得意としているが、内偵調査経験が無い探偵や情報取集方法を持たない探偵は数多く存在するものです。

このような探偵が実施する身元調査は外注による身元調査が殆どであり、自らの身元調査のノウハウを持たない探偵であると言えるのです。

依頼者のニーズに応えられる探偵

探偵の調査業務の基本は内偵調査による情報収集にあると言えます。

この基本が徹底されていない探偵事務所は「依頼人の満足を得られない調査力の探偵」と評価されることが世間の判断であり常識と言えるのです。

探偵を志す人物が関係各所で経験を積み一人前と自らを判断し独立しますが「多くの探偵は半人前のまま独立」する状況にあると言えるのです。

独立をする探偵たちの多くは探偵として多くの利益となる「尾行術が必要であり重要」と考え、その部分においての経験を積むことに趣を置く傾向が強いのです。

しかし、実際に個人事務所を持ち独立すれば簡単に理解できることなのですが、「ご依頼者のニーズに応える」ために必要な調査力とは「探偵としての総合力」であるため、基本である内偵による情報収集術を持たない探偵は「依頼者からの信頼を獲得する前に廃業する」現実にあると言えるのです。

探偵事務所・弁護士事務所・会計事務所などの多くは「クライアントの信頼を勝ち取りスポンサー企業と濃厚な関係性を確立」することにより長きに渡り業務を継続していけるのです。

この事実を知らないまま探偵として独立開業する行為は「判断ミス」としか言いようがないのです。

稀にではありますが例外な探偵の存在のお話しもしておきますが、金銭的に裕福な人物が身内のバックアップ等により「趣味で探偵を経営」するケースも存在すると話に聞きますので、多くの年月にわたり「探偵を名乗るだけ」ならば可能な人物も存在する様子です。

この場合には「依頼人のニーズに応える調査」が可能であるか?は不安材料が多いことでしょう。多くの浮気調査は調査中に発生するクエスチョンに対応しながら「ご依頼者の知りたい情報を提供」するものなのです。

この調査が可能な探偵に調査を依頼することが浮気調査や身元調査を全ての場面で安心して任せられると言えるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする