所在調査の探偵

所在が不明になってしまった人物の居場所を特定したいと考え、探偵に所在調査を相談します。

このとき、探偵は所在不明者についてご相談者が「知り得る情報から居場所の特定方法を判断」するのです。

この段階は非常に大切であり、探偵が選択する調査手法によって「調査にかかる費用も異なる」と断言できるのです。

もし、所在調査の対象人物が「金銭の貸し借りで行方知れず」となってしまった人物ならば、そのような情報も事前に探偵の判断材料の中に加えるべきと考えられます。

より正確で時間と費用を削減した所在調査をご希望するご相談者ならば尚更必要となる流れであると認識するべきでしょう。

現代社会で所在が不明になる人物に原因は複数存在しますが、相談が多い所在不明者のケースは「家出した身内の現在の所在調査」であったり「結婚を前提にお付き合いしていた人物が行方知れずになってしまう所在調査」などが多く手掛けられる所在調査の代表的事案と言えます。

このような所在調査に加えて「社会人になりたての人物が失踪してしまうなどの所在調査」も季節によっては増加する案件と言えます。

どのような所在調査であっても「探偵が選択する基本的な所在調査の流れ」は変わることはありません。

順を追ってご説明するならば、ご相談者に所在不明者の詳細な情報をお伺いすることから始まり、所在不明になる前後の様子や居宅の痕跡などが伺われることになります。

このような細かな情報を精査し、実働調査とデータ調査を駆使して「所在不明者の居場所」をつきとめるのです。

所在調査のケースによっては知人・友人への聞き込みは危険

夏季休暇中に家出などにより所在調査を実施する「若者に対する所在調査」に関してご説明するならば、想定される滞在先が限定されることが多いため「所在不明者の友人へ直接話を聞く」行為は回避することがベストな案件も存在します。

現時点で友人宅に宿泊している人物が「宿泊先を変更してしまう可能性が非常に高い」ことが理由として上げられます。

当然の流れなのですが、所在特定が困難となる「24時間営業のネットカフェ」や「デートクラブ」・「簡易宿泊所」等に紛れ込んでしまうと所在調査が困難となってしまうのです。ですから、友人に聞き込む前に「親しい友人宅は様子を確認」することを優先することが最善なケースもあるのです。

このような判断を間違ってしまい、所在判明が困難になり、長期間にわたり所在不明になる人物は少なくありません。

ましてや多感な年齢である若者の家出などは、後の人生に大きな変化をもたらす刺激的な物事との出会いも存在することから、早期にこのような判断を間違えることなく、現時点で所在不明者が残した情報を正しく活用する判断が最も重要なポイントとなることがご理解いただけることでしょう。

所在調査の判明率をあげるためには・・・

探偵は報酬により結果を導き出す職業である性質上、「多くの報酬が得られる契約を結びたい」と考えます。

この考え方は現代社会で探偵業を営む全ての人物に否定の余地がない事実と言えます。対して、所在調査を必要とするご相談者やご依頼者は「少しでも費用をかけずに所在を知りたい」と考えることでしょう。

このような両者の立場から考えられるベストな報酬形態は「実働期間を設定した成功報酬による所在調査」が最良と考えられるのです。

調査の難易度にもよりますが、探偵が所在調査を実施する期間を設定し、その設定期間内に対象人物の所在が判明したならば「実働調査費用+施工報酬」という考え方です。

長い年月にわたって消息不明な人物の所在調査

所在が長い年月にわたって不明である人物の所在調査は多くの場合に困難を極めます。

例えるならば20年以上音信不通となっている親友や恩師などの所在調査を実施するケースなどは1か月から1か月半」の期間がかかります。

何故、このような長期間の猶予が必要となるかご説明しますと「対象人物が遠方に定住している可能性が存在」するからなのです。

判明した所在が遠方であり、現地にて調査を実施する場合には必要経費も多く発生します。

このような多くの困難が想定される「長期間の消息不明者の所在調査」は必要な事前準備の情報も古い情報が多く存在することから「正しい情報であるか?確認作業も必要」となります。

この初期段階での情報確認が正しく判断できない探偵の所在調査は正確性に欠けてしまいます。当然ですがこのような業務を実施してしまうと所在が判明しない可能性も出てしまうものなのです。

このような状況に関しても「探偵の過去の取り扱い案件の量」がものを言うことは明確と言えます。一つ一つの確認作業においても所在調査の経験値が高い人物の着眼点は安心して任せられるものと判断できるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする