問題解決のための素行調査

あなたに関わる人物の素行がどうも気がかりになる。

常識的な視点から「仕事上で関わる人物・交際相手・身内等の素行」が気がかりな状況にあり、あなたに利害関係をもたらす人物が素行不良であったならば「あなたの知らない部分を明らかにする」ことが必要となります。

このような状況にお悩みの方々から探偵や探偵事務所が相談を受けることは少なくありません。あなたが置かれた立場により「探偵がご提案する素行調査のプラン」は様々なのですが、概ね「問題となっている人物の行動」を素行調査により明らかにすることで「どの程度の不利益が存在するか確認」することが、お悩みや問題を解消するために必要と考えられています。

探偵事務所に素行調査を相談する

探偵事務所に足を運びご相談の際には「出来る限りお持ちの情報と共にご相談を実施」することをお勧めします。

素行調査はご相談時点でのお持ちの情報量で「素行調査の方向性や優位性」が異なってしまうものです。

これはご相談者が「素行調査を実施することで何をお知りになりたいか?」で異なる方向性と言い換えることもできます。

具体的に探偵事務所に調査着手以前に持ち寄る情報を簡単にご説明しますと「素行調査を実施する調査対象者に関する情報」として必要事項となる「自宅住所・勤務先・主な立ち寄り先・趣味・移動手段」等の情報に加えて「調査対象者の写真や特徴・持ち物」などが事前情報として優位性の高い情報と言えます。

素行調査を実施する理由が「詐欺師かもしれない人物に関わる案件」のケースでは、このような優位性の高い事前情報が極僅かであることも珍しくないのです。

当然ですが探偵の素行調査は難易度が高くなり時間と根気を要する調査になってしまうことが想定されます。

なぜ難易度が高くなるか申し上げますと、悪意ある人物が素行調査の対象人物であると「情報に嘘が多く存在」することが理由としいて大きいと言えるのです。

何が事実で何が嘘であるか確認しながら慎重に素行調査を実施する必要性が高くなってしまうのです。このような相手が調査対象であったならば素行調査は長期化する可能性が非常に高くなります。ご依頼者の御負担も増加傾向にあると言えるのです。

そのような流れから「素行調査に必要な優位性の高い事前情報は多いほど良い」と判断できるのです。

探偵事務所で素行調査を依頼する注意点

探偵に相談し素行調査を実施する運びとなっても「調査の目的」がおぼろげな依頼人は多く存在します。

探偵の素行調査は不安を解消するために実施する人物が殆どと言っても過言ではありませんから、ご依頼者の心情が不安定である状況下では調査の目的が決定しないとも言えるものなのです。

このような精神状態は探偵が現場で実施する素行調査に悪影響を及ぼす可能性があり、調査の方向性が不安定で「多くの無駄が素行調査の中に発生」してしまうものなのです。

仮に愛する交際相手の行動に不信感を抱いてしまい、探偵の素行調査を利用したならば、調査の目的が「交際相手の行動を知ることが目的」なのか「交際相手の人間性を確かめることが目的」なのかで現場で素行調査を実施する探偵の判断が異なってしまうと言えます。

交際相手の行動を知り改心して心を入れ替えさせることを目的とした調査ならば「深く素行を探る必要性は薄い素行調査」と判断できるのです。

対して「交際相手の人間性を確かめることが目的で素行調査」を実施するならば事実の全てを確認する必要性が発生しますので「客観的な判断を用いることができない素行調査」と言えるのです。

目的に応じた素行調査を実施するためには重要な注意点であることがご理解いただけることでしょう。

素行調査では欲しい情報を明確に

個人の探偵も探偵事務所も素行調査は実施します。多くの探偵は表面上の「調査を実施しました的」な報告と共に調査を終えて報告し調査を終了します。

しかし、そのような素行調査は多くの場合「依頼人が欲している情報が存在しない」調査であると理解しています。

何故、仕事を依頼する相手で素行調査の結果に大きな差が生じてしまうのか?この部分においては「探偵の力量に差」が存在するということも考えられますが、調査に着手する時点で「素行調査を実施する探偵に依頼者が欲している情報が何か?」明確に伝わっていないケースも存在するのです。

探偵は実施した素行調査の中で依頼人の欲している情報を得ようとしますが、対する依頼人の考え方が探偵と同一ではない場合が存在します。

稀にではありますが「調査によって全ての悩みがクリアーになる」と考えている依頼人のケースも存在するのです。

基本的に御依頼人の殆どは「ご自分の力でどうにもならない部分を探偵の力によりどうにかする」と考えるものです。

当然ですが、文頭で記述した探偵の「調査を実施しました的」な表面上の調査では「問題の解決に繋がる事実」が表面化しないケースも多いと言えるのです。

無駄に長い素行調査を何時間も何日も継続して、無駄な費用ばかりかかってしまい肝心な情報を得る前に調査に要する予算に達してしまう調査は不要と言えます。

最初から調査を実施する意味が存在しない結果では決して「満足」は得られません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする